豊胸施術の失敗


豊胸施術は今多くの女性が行う施術の1つですが、方法もいろいろあり、失敗ももちろんあるということも忘れないようにしましょう。どのようなリスクがあるかは、施術を行う前にしっかり知っておくことも大切です

ヒアルロン酸注射法まず感触が固くなることもあります。もちろん感触のいい大きな胸が理想ですが、ヒアルロン酸注射法などでは、ドクターの技術によっては単なる逞しい胸板になってしまうこともあります。またバッグを入れた場合でも、体が異物を包み込んで押し出そうとします。そのためバストが固くなりかたちがいびつになってしまうこともあるのです。

またバッグの回りの部分のざわざわが、皮膚の上からも感じてしまうということがあります。脂肪の少ない人に多いようですが、きちんとした位置にはいっていないということが原因のようです。

施術中にバスト内の神経を傷付けた場合など、乳首の感覚がなくなったり、鈍くなったりすることもあります。また、逆に触るだけで痛く感じることもあります。傷は消えていきますが、肌質やドクター技術によっては残ることもあります。

脂肪注入は比較安全だと言われていますが、やはり注入してからかたちがいびつになることもあります。これも技術の問題があるので、しっかりした技術をもった医師に施術してもらうようにしましょう。その他もちろん死亡など、施術ですのでリスクがないことはありません。

 

豊胸施術の費用と選択

豊胸施術をする前に知っておくべきことがあります。その1つに豊胸施術の費用があります。もちろん健康保険は利きませんので、自由診療です。そのために料金も結構高くなり一般的に両方のバストで100万円と考えておきましょう。もちろん施術結果によっては追加になることもあり、200万必要な場合もあります。

医師また豊胸施術にはいろいろな方法があるので、それらを選ぶときにきちんと説明をしてくれる医師を選びましょう。また安いことを売りにしている病院はちょっと注意が必要です。カウンセリングを受けただけで、もう施術を徹底的に勧めてくるような病院も避けるようにしましょう。

医師が親身であるか、いろいろなリスクをきちんと話してくれるかということも大切です。そういう意味では一度カウンセリングを受けて、その病院の様子を体感することもおすすめです。美容外科でも失敗の多い病院もありますし、技術が伴わないのに広告だけは立派に出しているところもあります。

ネットの口コミも大切ですが、それがすべてではなく注意しましょう。やはり多くの危険のリスクがあるのが施術です。それもきちんと伝えた上でいろいろ教えてくれる医師は信頼できるのではないでしょうか。料金に対しても医師のきちんとした説明が必要です

 

関連記事

豊胸施術で母乳OK?


豊胸施術豊胸施術をしたいけど、将来赤ちゃんができて授乳のときにはどうなのかという不安があって、施術が出来ない人もいるようです。豊胸施術というと豊胸バッグやヒアルロン酸、脂肪吸入などの方法があります。ほとんどの医師が授乳にはまったく関係ありませんと答えてくれます。しかし、やはり異物を入れることになるので、不安はまったくないと言えるのでしょうか。実は豊胸施術の方法によっては絶対に避けたい方法もあるのです。

豊胸バッグを入れる方法の場合、乳線組織と大胸筋の間に入れる方法があります。どちらも乳線組織を傷付けることが可能性として考えられます。乳線が傷付いていると母乳を出すときに炎症が起こりやすくなります。またシリコンパックなどを入れている場合、たまに組織内で破れるという事故が起こります。シリコンが細胞に入ってしまうので、母乳を出すことは問題になります。

このようなことを考えると、豊胸施術はすべて母乳を出すことに、悪影響はないとは言えません。妊娠前に豊胸バッグを取る施術をする人も結構いるのも現実です。その点安全な豊胸施術というと自分の体の脂肪を吸引してバストに入れるという方法ではないでしょうか。脂肪が安定して落ち着けばもう問題ありません。

妊娠するとだんだんバストが張ってくるため、注入したものが安定さえすればまったく問題ないと言えるでしょう。またヒアルロン酸注入も脂肪注入と同じくおすすめです。しかし、これらはだんだん細胞に吸収されていき、なくなっていきます。
妊娠前、授乳前に行う豊胸施術はやはり授乳のことも考えて、行うようにしましょう。

 

関連記事

 

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

TOPIC