豊胸施術で母乳OK?


豊胸施術豊胸施術をしたいけど、将来赤ちゃんができて授乳のときにはどうなのかという不安があって、施術が出来ない人もいるようです。豊胸施術というと豊胸バッグやヒアルロン酸、脂肪吸入などの方法があります。ほとんどの医師が授乳にはまったく関係ありませんと答えてくれます。しかし、やはり異物を入れることになるので、不安はまったくないと言えるのでしょうか。実は豊胸施術の方法によっては絶対に避けたい方法もあるのです。

豊胸バッグを入れる方法の場合、乳線組織と大胸筋の間に入れる方法があります。どちらも乳線組織を傷付けることが可能性として考えられます。乳線が傷付いていると母乳を出すときに炎症が起こりやすくなります。またシリコンパックなどを入れている場合、たまに組織内で破れるという事故が起こります。シリコンが細胞に入ってしまうので、母乳を出すことは問題になります。

このようなことを考えると、豊胸施術はすべて母乳を出すことに、悪影響はないとは言えません。妊娠前に豊胸バッグを取る施術をする人も結構いるのも現実です。その点安全な豊胸施術というと自分の体の脂肪を吸引してバストに入れるという方法ではないでしょうか。脂肪が安定して落ち着けばもう問題ありません。

妊娠するとだんだんバストが張ってくるため、注入したものが安定さえすればまったく問題ないと言えるでしょう。またヒアルロン酸注入も脂肪注入と同じくおすすめです。しかし、これらはだんだん細胞に吸収されていき、なくなっていきます。
妊娠前、授乳前に行う豊胸施術はやはり授乳のことも考えて、行うようにしましょう。

 

関連記事

 

2018年7月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿

TOPIC